ワンルーム投資は始めやすい

ワンルームだけの購入でよく、楽に始められるマンション投資は、いろんな年齢層で受け入れられているのです。わけても若い年代の人の中には、定年後の生活の足しにしようということでやり始める方もいらっしゃるようです。

不動産会社だとか物件の管理会社があることによって、マンションなどの賃貸経営は苦労しないで収入を得れます。「会社員はそのままで、賃貸経営もちゃんとしている」ような人がたくさんいるのは、そういうわけなのです。

副業にもなるマンション経営ですが、おすすめ物件というのは都心の人気地区に固まっています。この先値段も上昇し、もっと手を出しにくくなるでしょう。

収益物件と言われるのは、毎月決められた額の家賃収入がゲットできる投資物件のことを指します。アパートであったり賃貸マンションなどが当てはまるのですが、しっかりと事前知識を持っておかないと失敗してしまいます。

収益物件では、賃貸契約を結んでいる人がいない物件のことを空室物件といいます。賃貸料目当ての賃貸経営と言えば、アパート経営やらワンルームマンション経営等がありますが、アパマン経営で気を付けなければならないのは空室対策です。入居者がいない以上、一も二もなく入居者が現れるよう手配しなければいけないわけですが、契約する前に室内を内見できます。

不動産の賃貸経営における心配の一つである空室対策は、管理会社の人たちと不動産のオーナーが打ち合わせしますが、お金が必要になるとは言え部屋の改装が空室対策としては効果的です。

一括借り上げ契約がしたい不動産業者などは、「安心の一括借り上げシステム」等と広告を出しています。ですが業者と契約する際は、徹底的に中身をチェックすることが大事なのです。

よく聞くサブリースとは、マンションとかの不動産の賃貸経営の一種の手法で、「不動産会社による一括借り上げ」であるとか「空室保証」のことと言われてはいますけれど、基本的にはサブリース会社による入居者への又貸し、言い換えれば転貸借のことを言うのです。

マンション経営に興味があるなら、見切りをつける可能性も考えておくことです。それを考えたうえで、なお資金に余裕があると考えられるなら、マンションに投資してみても良いと思います。

マンション経営については、「税金を幾ら位安くできるかや利回りこそ大事だ」等と言われるのはもっともではあるのですが、お金に関わる数字ばかりを気にかけていたら、逆に裏目に出るなんてことも十分にあり得るのです。

アパートを収益物件として選ぶという時に確認が必要なのは、築年数や築年月日です。新築された年代を確かめて、1981年に登場した新耐震基準で建てられている物件をチョイスすることをお勧めします。

チャレンジしやすいマンション投資なのですが、ずっと先まで価値を保っていくつもりであるなら、堅実に保守をやっていくといいでしょう。当然、大手ディベロッパーの施工物は長い年を経ても大丈夫ということです。

家賃保証をするサブリースは、オーナーとサブリース業者との間で行われる転貸借であり、入居者相手に行うアパート経営とは異なるものなのです。それゆえ、サブリースにしかない欠点を理解しなければなりません。

マンション経営などの不動産投資では、コスパのよい物件かどうかを判別する為に利回りを用いますが、利回りを算定する方法としては何個か種類があり、大変に複雑なものもあるということなのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

マンション投資とアパート経営

マンション投資と言うと、廉価で利回りが高くなる中古を探す人がかなりいらっしゃいますが、中古の物件でも、最寄り駅まですぐの立地条件の良いところにつくられた物件であることが重要だと思われます。

空室リスクを回避できるサブリース(一括借り上げ)ですが、契約で家主が固定収入を得られる期間が決められています。契約期間につきましては多くの場合2年で、賃貸料に関しては再契約時に改定できるようになっています。

空室リスクのないサブリースは、アパート経営の経験が浅い方にも可能な不動産投資に見えますが、自分にとって都合の良い投資法と言えるか、再度チェックしてみなければいけません。

業務の大部分は管理会社に委託できるので、不動産投資に取り組んでいる持ち主がすべきことは、必要なときに銀行がお金を貸してくれるように、本来の目的とは関連性がない借入はしないで、本業に徹することだと言って間違いありません。

不動産投資セミナーが人気のようですが、主催をする業者だったりとか担当の講師がちゃんとしたものを選ぶと良いでしょう。定期的に催されてきたセミナーに関しては、参加者の生の感想を聞くというのもアリです。

比較的少額の資金で大丈夫で、それほどプレッシャーなく挑戦できるマンション投資は、若い人から高齢者まで非常に支持されています。若年層を見ると、老後に備えるといった意向を持ってやり始める人も多いようです。

海外不動産投資と申しますと、値上がりした物件を売ることを狙うものが主流と思っている人も多いのですが、実際のところは賃料のような収入がある不動産投資だってあるのです。

投資の一つとしてマンション投資が評価される理由は、株の売買のように起きてから寝るまで相場で気を揉むということにはならないからでしょうか。けれども、ここにきてなかなか買う気になれない状況だと言って間違いありません。

不動産投資の場合、条件のいい物件を発見することはもとより、実力のある営業マンと関係を築くことがこの上なく有意義なことになるのです。資料請求も自分にうってつけの営業マンを探すための一助になります。

固定的な収入が見込めるサブリースは、オーナーと不動産会社側との間で契約締結される転貸借であるため、ごく当たり前のアパート経営とは別の話です。ですから、サブリースにしかない欠点を頭に入れておきましょう。

アパート経営に限ってのことではないですが、アパート経営をする場合もそれぞれ特色のある管理会社が存在しており、これらの中には他にはないアパート対象ローンを備えるところも見かけます。

アパート経営を行なうという時に、新築を買って始める場合もありますが、中古物件を買い求めて始めるという人がほとんどで、中でも立地や生活環境にも気を遣っている物件はいつもすごい人気です。

マンション経営を行なうべきかどうかの判断に、年間収益を投資額で除して出てくる利回りがしばしば用いられるのですが、地方都市と東京都内のマンションを利回りだけで比べるのは無理があると言えます。需要が減りつつある地方では、入居者がいないという可能性も高く、堅実なマンション経営は困難だと言っていいでしょう。

アパート経営のお勧めできる点は、マンション投資で見られる「地域特性により変わることが皆無に等しい」ということだと考えます。マンションの数が少ししかない地方であっても、そこにある物件に投資して問題ありません。

投資のアパート経営と近いものとしてマンション経営が取り上げられることがありますが、マンション経営という場合はマンションの一部屋一部屋に投資するという方式が一般的であり、アパート経営とは異なると言えるでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不動産投資で人生は変わる。

不動産投資なんて、、、
自分にはまだまだ無縁な事だと思っていました。

でも、今のままでは老後に貯金が底をつく可能性が大きく、
とてつもない不安に駆られたのです。
そこで考えたのが、不動産投資でした。

がむしゃらに仕事を増やしても、、、
今勤めている会社で働いた後、他での仕事へ出るというのは、
どう考えても私には無理だと思ったのです。

不動産関係なら、、、
きちんと勉強をすれば私にもきっと出来るかもしれない、、という、
淡い期待から始めました。

当時の私の貯金は、そこまで多いものではなかったのですが、
投資が上手く行けば、貯金額の倍以上が手に入るのです。
それならばと、少し無理をして比較的安い中古のマンションを購入しました。

ところが、、入居者がなかなか決まらないという事態に。。。
部屋を借りたい人なんて、すぐに見つかると軽く考えていたのです。
こんなにも長い間、借り手が現れてくれないなんて、本当に焦りました。。

その後、何とか入居者も決まり、家賃収入がやっとの事で得られるようになりました。
ただ、この先もまた入居者が退去した後、すぐに借り手が現れなかったらと思うと、
正直言って不安です。
また、修繕費なども、自分が思っていたよりも高額だったので、
あまり安い中古の物件に安易に飛びついてはいけないと思ってます。
世の中、そんな甘い話はないですからね。。

でも、これだけは間違いなく言えることがあります。

不動産投資で人生は変わる。

みなさんも、勇気を出して最初の一歩を踏み出しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今後の戦略

昨年夏頃から物件を探していますが、
なかなか条件に合うものが見つかりません。

東京や関東近郊エリアはもちろんですが、
最近は地方の物件価格もかなり高騰しており、
めちゃくちゃ物件探しに苦労しています。

数年前と比べると、物件価格が、
確実に1.2~1.5倍くらいになっている気がします。

ちょっと戦略を見直す必要がありそうです。

当然ながら金融機関が融資しやすい物件ということで、
中古のRCを探していましたが、逆に言えば、
担保価値のある(積算評価、収益還元評価が高い)ものならば、
木造や軽量鉄骨の物件でもいいわけで。

木造を毛嫌いしているわけではないのですが、
木造物件は減価償却のことを考えると、
もうちょっと物件を増やした後でもいいかな、と考えていたんですよね。

都内人気エリアの区分もいいのですが、
やはり成長スピードが遅いので一棟投資でいきたいと思います。

譲れないのはエリアですかね。

日本の人口減少や少子化を考えると、
どう考えても地方への投資はリスクが大きいと思っています。

なので、やはり東京近郊に絞って投資していくべきかなとは思いますが、
検討エリアを若干拡大してもいいかもしれません。

例えば、近年、開発が進んでいる、つくばエリア。
つくばエクスプレスが開通して、
秋葉原とか東京都心へのアクセスが向上していますので。

、、あとは、何ですかね。。

不動産価格が高騰している今は、
我慢してキャッシュを貯めることに専念し、
将来的に不動産価格が下落したタイミングを見計らって、
物件を購入していく、っていう戦略もありですね。

幸いにも不動産市場は、変化のスピードが比較的緩やかなので、
こういう状況になったときに、戦略を練る時間が結構あります。

今後の流れをしっかりと見極めた上で、
時代に合うような戦略を練っていきたいと思います。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする